貨車B
2012年4月17日公開

 大場工場にはもう一編成、フラットカー3両で組まれた工事編成が留置されていました。

 撮影はすべて2012年3月大場


 手前よりトム61+トム506+トム501号。


 トム500形トム501号。鋼板張りのフラットカーとなっている。




 トム501号端面。標記類が集約されている。なお、無蓋車からフラットカーに改造された貨車の自連は上作用式のままなので、開放テコがなくピンだけ。

 トム500形トム506号は、トム507号と同じく戦後、国鉄より譲授した車両。一段リンク式台車を履く。


 トム500形トム506号。トム507号と同経歴・同形態となっているが、床上の装備が若干異なる。



 トム60形トム61号は、1952(昭和27)年自社大場工場で製造された無蓋車。


 トム60形トム61号。トム500形同様15トン積みである。


 シュー式台車を履く。側ブレーキはピン式で、他貨車からの改造を窺わせる。


別館トップに戻る
貨車その4
炭鉄indexに戻る