2005年1月26日公開

秩父鉄道のヲキフ100形は、いかにも社形貨車というスタイルで、好きな形式のひとつです。鉄桶のような車掌室は夏場ならばさぞかし暑かっただろうと想われます。いまでは車掌乗務がなくなったため、編成端に必ずついているという訳でもありませんでした。




(2005年1月影森)ヲキフ123号。昭和42年汽車会社製の35トン積みホッパーカー。ヲキ100形と荷重を揃えるため、車長と車高が大きくなっています。


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る