四ツ山駅のあちこち
四ツ山駅駅舎
2005年3月20日公開
Yotsuyama-station


 四ツ山駅駅舎です。残念ながら現存しません。四ツ山駅は、三池本線(複線)と桟橋線(複線)を分岐するジャンクションでした。四ツ山〜三池港間が4線区間ということはあまり知られていないようです。また、四ツ山坑および三池港の南岸壁への側線、また荒尾駅との連絡線も分岐していました。もっとも私が訪ねた頃は、三池火力発電所への石炭輸送が唯一の定期スジでした。

(1997年10月四ツ山)四ツ山駅の駅名板。改称した跡がありますが、もとは且O井鉱山三井三池港務所とあったはず。

(1997年10月四ツ山)三井鉄道廃止半年後の四ツ山駅駅舎。すでにヤードは草茫々でした。隣りの自転車は輪行してきた自分のものです。


(1990年3月四ツ山)四ツ山駅駅舎。背景の林が四ツ山(またの名を二頭山)で、山向こうに四ツ山坑がありました。


(1991年3月四ツ山)駅舎前から、帰庫する21号とともに三池港方向を望みます。右隅にみえるのが桟橋線、奥の四ツ山ヤードは駅舎とはだいぶ離れています。留置されているのは三池火力向けのセナ炭車。


TOPページへ戻る