三池港
製作所造船所
その1
2008年3月17日リンク追加
2007年12月27日公開
Shipbuilding yard in Miike Port

 三池港内港の南隅に造船所(跡)があります。市街から見ると、三池火力発電(*1)の影に隠れてしまう目立たない規模ですが、今はなき三作四ツ山分工場の忘れ形見的な施設です。
 この四ツ山分工場は、現在、三池火力発電所が建っている場所にありました。三池港築港時の機械修繕工場が格上げされて三池製作所分工場となり、立地条件からもっぱら三池港務所関連の製造修繕を担当しました。『三池製作所案内』(大正11年)より、「明治42年には三池港に分工場を設け、船舶用諸機械の製作修理の外、木造船の新造をも開始』とあり、開港当初からの造船所と思われます。分工場が跡地を三井アルミニウム発電所に譲り(昭和45年発電所操業)、残った造船所は譲渡(*2)を経たものの、現在は役目を終えましたが、海中へ伸びる2本の軌条が残っています。

(*1)平成17年7月発電施設故障により操業休止、平成18年4月同社解散。
(*2)造船所としてはサンコーモータース船舶修理工場となったのが最後と思われる。


 三池港と造船所の位置関係を示します。
 なお、背景原図はウォッちず地図閲覧サービス(http://watchizu.gsi.go.jp/)1/25000地形図を利用しました。


国土情報ウェブマッピングシステム(http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/)より昭和49年の空中写真。すでに四ツ山分工場はない。






(3枚とも2004年2月三池港)


本館ページへ戻る
三作造船所その2